日本より身近に感じる寄付

23

日本に住んでいる時は”寄付”は災害時の募金以外は自分にはあまり関係ない言葉だったんですが、カナダに来てからはとっても身近になりました。

スーパーの出口にはFood Bankの箱が置いてあり、気が向いた時は箱の中に放り込めば寄付完了。

Food Bankはホームレスや食べ物を買うお金が無い人に食事や食材を提供する団体です。

スーパーが寄付用に缶詰やパスタ等を詰めたパッケージを格安で売り出して寄付を募る事もあるので数ドルでいい事をした気分になれます。

引っ越しの時は以前Fire Kingの記事に写真をアップしたValue Villageや、似た様なシステムのGood Willに要らない物を持って行けばお店でそれを販売し、ローカルのコミュニティに寄付してくれます。

どの位の割合のお金が寄付にまわっているのかは分かりませんが、食品、生き物以外なら大抵何でも引き取ってくれます。

他にもショッピングセンターの駐車場に服を寄付する用の箱も置いてあったりします。

要らなくなった服はここに入れておけば必要な人に配られます。

寄付する物は綺麗でなくても全然大丈夫です。

日本にも”寄付”が身近に出来るシステムがあったらいいのにな、と思ったりもします。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:日本より身近に感じる寄付
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ