お土産にアイスワインを買うならリカーショップ

29

カナダでアルコールを飲める年齢は州によって違います。

アルバータ、マニトバ、ケベックは18歳から、その他は19歳からです。

お隣の国アメリカは21歳から。

行く場所によって飲めたり飲めなかったりというのが少し不思議に感じます。

ギャンブルもアルコールと同じ年齢制限があるんですが、

タバコはまた別の年齢制限があり州によって18歳だったり19歳だったりです。

私もこちらに来てから数年はIDを提示する様に求められましたが、最近はぱったりです。

たまに聞いてもらえると妙に嬉しかったりしてしまいます(笑)

もし、旅行でくる場合は英語のIDでないと年齢を証明出来ないのでパスポートか国際免許証を提示するといいと思います。

寒くなる土地でしか作れないアイスワインはカナダへ来た旅行者の人気のお土産です。

凍っているブドウの実を摘み凍ったまま絞るので、蜂蜜の様に濃厚で甘いワインです。

観光地のお土産屋さんで買うと市販の物の倍以上の値段を付けられているのでもし時間が許すなら自分でリカーストアに行って買えばかなり節約出来ます。

その際は高品質が保証されているVQAマークがついた物を買うと安心です。

もし英語が苦手で不安でもカナダは移民国家なので訛りのある英語も一生懸命聞き取ろうとしてくれます。

日本語発音でも「アイスワイン」とだけ言えばアイスワインのある所まで連れて行ってもらえるので英語はそんなに心配しなくても大丈夫です。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:お土産にアイスワインを買うならリカーショップ
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ