エドモントンで初雪

97

10月27日に今年初めての積雪がありました。

去年、一昨年ともに10月前半に初雪があったので今年は遅めです。

今年の夏は珍しく蒸し暑い日が多かったので、せめて冬はマイルドになるといいなと思います。

エドモントンの人が、他所から来た人によく言う言葉で”-40℃でも太陽が見える”というのがあります。

他所の街や国だと冬は陰鬱に暗く、寒く、ただひたすら過ぎるのを待つだけという所が多い様なんですが、エドモントンは確かに寒くても太陽が輝いて雪に反射して眩しい位です。

今まだこの時期だと降った雪は次の日にはもう無くなるんですが、本格的に寒くなると降った雪は溶けずにず残ります。

なのでそんなに大して雪が降らなくても、冬は常に屋根の上や木に雪がある状態です。

同じエドモントン出身の人でも雪が好きな人は「クッキーハウスの上にアイシングシュガーが降ったみたい。」と嬉しそうですが、嫌いな人は心底嫌そうに「雪があるだけで鬱になりそう。」と言っています。

ただ、雪が好きでも嫌いでも冬に長時間外に出る人は少ないので太陽を浴びる時間が減り、どうしてもビタミンDが不足しがちになるようです。

冬の間は大人も子供もビタミンDサプリを捕る様に推奨されています。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:エドモントンで初雪
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ