中国の大気汚染

23.jpg

中国に来る前、日本は花粉症全盛期の時期でした。

また、中国の大気汚染ニュースも毎日のように報道されていました。

 

渡航前私は花粉症がひどかったので、これでもかというほどアレルギーの薬を持参してきました。

 

薬は医者に説明して、海外に行くために多めに処方してもらいました。

先生も「中国!?それじゃあ、薬は必要だね」と、心配してくれるほどでした。

 

親や友達も中国に行くならと、大量のマスクをプレゼントしてくれました。

中国で体がもつかな…そんな心配も少し考えながら渡航しました。

 

ところが、こちらに来て花粉症の症状がほとんど出ません。

 

時々道路工事による埃で、鼻がムズムズすることはあります。

でも、ほとんど花粉症の症状はありません。

 

それどころか、アレルギー体質で長年あった肌荒れが、こちらに来てすっかり良くなりました。

日本で毎日抗ヒスタミン剤を飲み、薬を塗っていたのにどうしてでしょう?

 

夫の友達も同じことを言っていました。中国に来て、アレルギーが治る人がいるそうです。

 

中国ではお菓子が高いので、お菓子を食べる頻度が減り、果物を食べるようになりました。

水も浄水器でろ過したものだけを飲んでいます。

 

もしかしたら、食生活が良い影響を与えているのかもしれません。

あるいは、湿度が高いのでお肌の潤いが保てているのかもしれません。

 

どちらにしても、長年の悩みから解放されました。

今は逆に、次回日本に帰った時が心配です。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国の大気汚染
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ