自己防衛

26.jpg

中国で生活する時には、『何事も自己責任』という感覚が必要です。

自分の持ち物については、特にそう言えます。それは、電動バイクについても同じです。

 

マンションによっては、敷地内にデンドンチャー専用の充電場所(駐輪場?)がある所もあります。

利用するには、管理人に毎月決まった額を支払います。帰宅した時は、その場所に停車するのです。

 

電動バイクは盗難防止のために、停車中に動かすと大きな音が鳴る装置が付いています。

バイクも自己防衛しています。

 

でもマンションの敷地内でも管理によって、誰でも入れることがあります。

盗まれることが心配な人は、さらにどうするでしょうか?

 

友達の家に遊びに行った時に、部屋の中に電動バイクが停めてありました。

 

「……!!」

 

初めて部屋の中でバイクを見ました。でも、見慣れるものです。

外国人が住むような良いマンションは、リビングが12畳以上あって広いのでバイク一台くらい余裕で停められます。

 

一番信頼できるのは『自分』ということで、マンションの部屋の中までエレベーターで持って行くそうです。

電気バイクなので、部屋のコンセントで充電できます。朝になれば、充電完了です。

 

私のマンションでも、部屋まで電動バイクを持っていく人がいます。

エレベーターにバイク一台、ギリギリです。

 

…そんな時私は、一度エレベーターを見送るしかありません。

 

* 画像:自分の部屋の前の廊下にバイクを停めておく人もいます。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:自己防衛
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ