中国のプレイルーム

39.jpg

ちょっと広めのDICOSやケンタッキーやマクドナルドにたいていあるのが、子ども用のプレイルームです。

ニ階建の滑り台付きだったり、けっこうしっかり遊べるようです。

 

プレイルームには、マットもひいてあるのでケガも心配ありません。

ちゃんと全体を囲ってある所もあります。

 

プレイルームの周りは、いつも子どもたちで活気づいています。

 

子ども連れの親たちには、とてもいい場所です。

ママは友達とご飯を食べながら、または話しながら子どもたちを見守ります。

 

でも、自分のことにいっぱいになってしまうこともしばしば…。

 

先日友達とケンタッキーに行きました。

二人でランチを食べていると…突然、どこからともなく小さな子が来て、私たちの席に座りました。

 

「ママは?」「何歳?」聞いても全く返事をしません。

彼がじーっとポテトを見つめているので、試しにちょっとあげてみました。

 

ぱくぱくっと私のポテトを食べ始めます。なんの遠慮もありません。

 

「おいしい?」

「うん」とニコニコ食べています。

 

子どもを探しているママはいないようです。

 

友達とだんだん心配になってきました。

ママはどうしたのかな?どうする?と話していると、

 

ポテトを食べ終わった彼はいきなり…

来た時と同じように、タタタッと行ってしまいました。

 

彼はプレイルームから抜け出してきたのかもしれません。

 

残ったのはポテトの袋。

「なんだったんだろ?」

 

友達とせっかくのおしゃべりもすっかり興ざめです。

 

* 写真はDicosのプレイルームです。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国のプレイルーム
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ