中国の赤紫の野菜

42.jpg

私の住んでいる場所が南方だからか、赤紫の野菜をよく見かけます。

 

紫玉ねぎ、ジャガイモ、サツマイモ、などなど。

日本で見慣れた白い玉ねぎは、ここでは『洋玉ねぎ』として売られています。

 

先日リアカーでサツマイモが売っていました。

500g1.5元とたたき売りしています。

 

スイートポテトを作ろうと思って、たくさん購入しました。

 

さっそく帰ってきて、サツマイモの皮をむいてみると、

沖縄でよく見かける、ムラサキイモでした。

 

紫色のスイートポテト。

…あまり食欲がわきません。

 

でも、中国では普通なのかマックのスイートポテトのパッケージは、紫イモです。

感覚の違いを感じます。

 

ここの果物や野菜は原種に近いらしいです。

 

桃は皮が固く、ピューラーで皮がむくことができます。

ミカンも緑色の物がたくさん売っています。

 

でも味は、桃もミカンも甘く、美味しく食べられます。

 

トマトの皮も厚く、固いです。

湯むきで皮をむくと1、2mmの厚さの皮がむけます。

 

桃の固い皮をむきながら、日本の野菜や果物は品種改良されているんだなと感じます。

 

なんでも食べやすいように、美味しいように…環境に甘やかされて育ってきた私。

最近、少しはたくましくなっているかもしれません。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国の赤紫の野菜
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ