中国人の交通マナー

45.jpg

最近は慣れてきましたが、中国人の道の歩き方、バイクの運転、車の運転の仕方は常に「前へ前へ」です。

 

人に道を譲る、後ろを見てから道の端に寄る、待つ、ということはありません。

道を譲るために立ち止ったりすると、後ろがつかえて渋滞ができてしまいます。

 

そして「何やってんの?」という中国人の目線が刺さります。

 

最近、道で優先される順番が分かってきました。

1、車 2、バイク 3、自転車 4、歩行者

 

日本とは、真逆です。

最優先されるべき歩いている人が、細心の注意を払って道を渡ります。

 

横断歩道をきちんと歩いて渡っていても、信号がないなら車は止まってくれません。

目の前を車は横切り、背中の後ろをビューンと走り去っていきます。

 

歩行者は道を渡る時、周りをよく見て歩かなければなりません。

 

先日、病院前の小さな交差点が渋滞になっていました。

三台の車が交差点をふさいでいます。

 

私の目の前にある車は右に行きたいようです。私から見て、左の車は直進をするつもりです。

そして、右側の道に直進したい車がいます。

 

どれか一台が道を譲ればすぐに渋滞は収まるはずです。

でも、三台とも自分の進みたい方向に、じりじりと少しずつ動いています。

 

待ちきれないバイクと歩行者は、隙を見て車の周りと車の間をぬっていこうとします。

後ろから来る車やバイクがどんどんあふれてきます。

 

車の動ける隙間がさらになくなっていきます。

あまりにひどい状況なのでつい、誰かが譲ればいいのに、と笑えるくらいです。

 

日本ではありえない渋滞が、起こっています。

こんな時、日本人の譲り合いの精神はすてきだなと思います。

 

中国では同じような、笑えるくらいありえない事が起きて面白いです。

よくみんな事故にあわないなぁと感心します。

 

でも、私も渋滞の解消を待たずに、車の隙間をぬって前に歩いて通り抜けました。

振り向くと、まだ動けないまま固まっている三台の車がありました。

 

* 赤信号の時、道路のど真ん中で停止している人もたくさんいます。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国人の交通マナー
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ