中国の紙事情

48.jpg

 

日常で使うティッシュやトイレットペーパーも充実していて、どこでも買うことができます。

 

 

 

トイレットペーパー日本の物と比べると、基本的に質感はしっかりしていて固めです。

 

 

 

一般的に、トイレに紙は流さないからかもしれません。

 

(というより、トイレに流せる紙を作れる日本の技術が高いと言う人もいます)

 

 

 

柔らかいお尻にやさしいイメージでいると、始めはちょっと慣れない人もいると思います。

 

 

 

ポケットティッシュもナプキンのように、紙質がしっかりしています。

 

鼻炎の時など、これで鼻をかみ続けると後で大変なことになります。

 

 

 

香り付きが多いので、臭いが苦手な人は香りを確認してから購入するといいと思います。

 

 

 

選び方によって、トイレットペーパーもポケットティッシュも柔らかい質感のものはあるかもしれません。

 

でも、うちは特に気にしていないので普通に使っています。

 

 

 

また、BOXティッシュも売っていますが、写真のようにビニールのパックの物が安価です。

 

 

 

こちらは日本のものと同じように柔らかな質感です。

 

鼻炎の時に使えます。

 

 

 

トイレットペーパーは消耗品です。

 

なるべくコストを下げたいと思い、購入する時は一番お得なのはどれか、しばらく考えます。

 

 

 

でも、各社によってどれくらいの量が入っているのか、表示が統一されていません。

 

…結局よくわからないので、10個プラス2個のお得そうなトイレットペーパーをつい買ってしまいます。

 

 

 

* うちの夫のお気に入りは清風の『原木純品』です。

 

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国の紙事情
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ