量り売り

05.jpg

中国では基本的に様々な物が500g単位で量り売りされています。

スーパーでは、野菜や果物、豆やお菓子、卵、お米まで量り売りしています。

 

棚にどさっと積まれた野菜や果物を、備え付けられている新しいビニール袋に詰めるのです。

 

欲しい物を袋に入れたなら、すぐ近くの計量所にいる店員さんに値段を付けてもらいます。

表示はたいてい500gいくらです。

 

一束、一袋になって売っているものもありますが、私は量り売りが気に入っています。

一袋になっていると、欲しくないものも買わなければなりません。

 

でも、量り売りなら欲しい物だけ、必要な量だけ買うことができます。

初めは慣れなくて戸惑いましたが、最近は合理的だなと思うようになりました。

 

傷んだ部分を避けて、形や色もよく選ぶことができます。

本当に納得のいく、自分が欲しいというものにだけお金を出すことになります。

 

でも逆に、気づかずに傷んでいたもの買ったなら、自己責任です。

売った側が悪い…のではなく、自分が選んで買ったんだから、文句は言えません。

 

今まで、のほほんと買い物していましたが、こちらに来て目利きができるようになりました。

少しだけ賢い消費者になったのかもしれません。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:量り売り
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ