家財道具と掃除

08.jpg

中国のマンションは、部屋の持ち主が一部屋を何十年分借りるという権利を買うそうです。

なので、同じマンションでも部屋の間取りや内装が全く違います。

 

また、借りる時に家具付きの部屋を探すことができます。

もちろんその家具は大家さんの物です。

 

私たちは家財を増やしたくないので、家具付きの物件を探しました。

日本のレオパレスに似た感覚かもしれません。

 

部屋は2LDKで、2部屋にベッドとクローゼットが付いています。

他にも、冷蔵庫、コンロ、テーブル、ダイニングテーブルセット、エアコン、ソファー、カーテンまで…あります。

 

基本的な物が揃っているので助かりました。

でも、他の人が使っていた物なので、なんだか気分的に落ち着きません。

 

日本人はキレイに部屋を維持してくれる、と喜ぶ大家さんがいるそうです。

 

引っ越し前に業者が掃除をしてくれましたが、私は自分でも徹底的に掃除することにしました。

ソファーカバーは全部はがして、洗濯機で洗いました。

 

我が家の部屋の床はタイル式なので、比較的楽に掃除できます。

ほうきとちりとり、その後はモップがけです。

 

さらに、柄の先がスポンジになっているモップ(?)で、フロア一面水ぶきもできます。

雑巾がけの必要がありません。なかなか便利です。

 

スポンジモップが気に入ったので、

「これ便利だよね。日本に持っていきたいな♪」と夫に話すと

「どこで使うの?お風呂場?」と、言われてしまいました。

 

…確かに、畳とフローリングの床ではスポンジモップは使えません。

場所によって、必要が変わるんだなと思いました。

 

でも現在、我が家ではスポンジモップが大活躍です。

 

* 画像は我が家のお掃除三点セットです。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:家財道具と掃除
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ