落花生

12.jpg

夫が仕事から帰ってきて、仲良くなった中国人から生の落花生をもらってきました。

それまで、落花生=ピーナツだと思っていたので、二人で初体験です。

 

さっそくインターネットで食べ方を調べました。

放置するとカビが生えてしまうので、そのまま乾燥させたり、保存させることはできません。

保存が利かないので、日本ではあまり見かけることはないそうです。

(生産地では売っているかもしれません)

 

生の落花生は、洗ってそのまま茹でで、食べることができるそうです。

また、殻を剥いてフライパンやオーブンでローストすることもできます。

 

私たちはまず「茹で落花生」にすることにしました。

落花生は殻付きのまま、よく洗います。

そして沸騰させたお湯で茹でます。

茹で上がると、実に付いている薄皮はほんのりピンク色です。 初めて見ました。

湯気の出ている茹でたてを食べると、ホクホクッとした触感が楽しめます。

味はあっさりしています。ピーナツとはまた違った楽しみ方です。

 

残った茹でた落花生は冷凍保存しておきます。

味は落ちますが、後で食べることができるそうです。

夫はおつまみに♪と、喜んで持って帰ってきましたが、あいにくビールが切れていました。

…代わりのペプシコーラを飲みつつ、二人で晩酌(!?)です。

 

* 殻から芽が出ている落花生を発見しました。水栽培をしてみたいと思います。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:落花生
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ