中国のお醤油

14.jpg

中国は醤油や油、お酢など、調味料の種類が豊富です。

スーパーでは、天井の高さの棚一面と思えるほど、いろんな醤油や油が並んでいます。

街の小売店では、たくさんの種類の醤油が大きな壺に入っていて、量り売りで買うことができます。

瓶やペットボトルを持っていけば、それに入れてくれるのです。

もちろん、お醤油の種類よって値段も違います。

 

さすが中華料理発祥の地。

これだけの醤油の種類があったら、料理の幅が広がるでしょう。

 

去年の旅行の時、香港の空港で餃子を食べました。

その店は、餃子の醤油を各自選ぶことができます。

5~7種類の醤油とお酢を自分の好みで組み合わせます。

みんなでいろんな種類を選んで「これは甘いね!」「こっちは辛めの大人味」などど、楽しみました。

それまで、醤油にこんなにたくさんの種類があると知りませんでした。

せっかくの機会なのでこれは活用するしかありません!

…でも逆に、醤油の種類がありすぎて、初心者の私にはどこがどう違うのか分かりません。

迷いすぎてしまいます。

それで、引っ越す前に京子さんと一緒に買い物に行って、いろいろ教えてもらいました。

おかげで、彼女の勧める日本人好みの醤油を買うことができました。

少しあっさりしていますが、今までと同じように料理に使うことができます。

日本料理に醤油は欠かせないので、助かりました。

実は日本の醤油を持ってきたのですが…まだ開けていません。

代わりに、こちらで買ったお醤油が活躍しています。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:中国のお醤油
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ