ついに…来た!

19.jpg

中国では、いろんな食材が売っています。

 

いつものスーパーで、鶏の足が調理されていました。通称モミジというそうです。

中国では、一般的に食べられています。

 

真空パックにして、いつでも手軽に食べられるように売られています。

 

見た目から「私は無理…」と感じていましたが、去年の中国旅行の時から興味のあった夫が一度食べてみたいと言います。

甘辛く味付けされた鶏の足は、コラーゲンたっぷりとのこと。

 

せっかく中国に来たので、その鶏の足と涼菜を何品か選んでお持ち帰りにしました。

 

甘辛い味付けの鶏の足ですが、辛いものが苦手な私は触感も見た目も食欲がわかず…結局、リタイヤ。

夫は前から軟骨が好きだったので「美味しい!美味しい!」と食べていました。

 

ところが数時間後、夫がトイレに頻繁に行くようになりました。

 

「どうしたの?」

 

もしかして…と思いましたが、案の定お昼の鶏の足と涼菜がお腹にきたようです。

しばらくして、私もお腹が痛くなってきました。

 

私は次の日の午前中で腹痛が治まりましたが、夫がなかなか治りません。

下痢にはやっぱり「正露丸!」と思い、しばらく飲んでみましたが…全然効きません。

 

我慢強い夫は、結局一週間お腹を壊したまま過ごすことになりました。

 

会社の同僚にこのことを話したら、一緒に薬局で薬を買ってくれたそうです。

その薬を飲んだら、次の日にピタリと下痢は治まりました。

 

同僚によると「中国の食あたりに正露丸は効かないんだよね。下痢を止めると長引くんだよ」と教えてくれました。

また、加熱調理をしない涼菜は、この夏の時期は注意が必要だとアドバイスもいただきました。

 

あの時のことがトラウマになった夫は、今では鶏の足に見向きもしません。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:ついに…来た!
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ