知らないって…怖い

21.jpg

だんだん中国の食にも慣れてきて、日本で見たことのない食材も使うようになってきました。

もちろん、夫の食あたり事件以来、より気を付けて調理しています。

 

最近よく見かける青菜で「空心菜」という野菜があります。

定食に必ず副菜が付きますが、たいてい炒めた「空心菜」が出てきます。

 

名前の通り、茎の部分がストローのように空洞です。

でも、にんにくと炒めて塩コショウをするだけで、十分おいしいのです。

 

しかも、…安い。

 

こぶし一握りくらいで、1元の半分の5角(Jiao)。約8円。

二人暮らしなので、それを炒めるだけで副菜は十分です。

 

でも、傷みやすいので、買ってきたその日のうちに調理します。

 

夫はこの野菜が気に入って、毎日のように夕食に出していました。

主婦にとっても、手軽で安くてうれしい食材です。

 

そのことを最近、友達になった中国人の女の子に話しました。

すると、「空心菜は毎日食べていると骨が弱くなるらしいよ。気を付けて」と教えてくれました。

 

…ショックです。

夫の健康のために野菜を、と思っていましたが逆効果!?

 

ちなみに、ライチも毎日食べると体に良くないとか…。

中国に来たばかりの頃、たくさん出回っていたので毎日食べていました。

 

その頃確かに、私は体調を崩しました。

 

中国人は東洋医学に基づいて、どの食材はどんな風に食べると体に悪いとか知っているそうです。

知識って大切だなと思いました。

 

* 右上の青菜が『空心菜』です。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 
次の記事:
今の記事:知らないって…怖い
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ