香港の中秋節

32

9月19日は中秋節でした。

香港人は家族と過ごす節句をとても大事にしています。

旧正月の他にも冬至、端午そして今回の中秋の節句には必ず家族で集まって食事。

その為この日は大抵の会社は午前中で仕事はおしまい。

みんな夜更かしするので翌日は祝日でお休みになります。

私は香港に家族はいないのでお祭りを見に行く事にしました。

銅鑼湾(コーズウェイベイ)の近く大坑(ダイハン)で毎年中秋節をまたいだ3日間に渡って開催される火龍(ファイアードラゴン)というお祭り。

藁で編んだ長~い龍の身体に数百本ものお線香(日本のと違って太い!)をぶっ刺し、この地区の住人達がそれを担いで町内を練り歩くのですが、上から降り注ぐお線香の灰は熱そうだし龍は重そうだしで担ぎ手の方々はかなり大変そう。

疫病を退治する目的で行われたこのお祭り、1880年から続いているみたいです。

最後は火龍から抜いたお線香をいただきました。

これを持っていると無病息災で過ごせるとか。

火龍を見た後はランタンフェスティバルを見に近くのビクトリア公園へ。

今年も綺麗なランタンがたくさん並んでいましたが、何故かお饅頭とか点心等の食べ物系のランタンや飾り付けが多かったような気がしました。

飾りつけ担当が食いしん坊だったのかな?

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:香港の中秋節
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ