スペイン国立バレエ団フラメンコ香港公演

37

スペイン国立バレエ団がフラメンコの香港公演を行うと聞き、スペイン系の会社で働く友達3人を誘って見に行く事に。

丁度フラメンコを習っている友達がまとめてチケットを買うと団体割引があるというので一緒に買ってもらったら300HKD(約3500円)のチケットが240HKD(約2800円)に。

香港は政府の援助があるらしくこういった芸術に関する公演は日本に比べてかなり安いのが嬉しいです。

演目は伝統的なフラメンコの踊り「ファルーカ」とクラシックとフラメンコを融合させた「ボレロ」、ギリシャ悲劇をモチーフとした「メディア」の三つ。

最初のファルーカは男性が踊るフラメンコ。女性が男装をして踊るファルーカも格好良くて素敵なのですが、やはり男性が踊ると迫力が違います。スペイン人イケメン揃いだし♪

フラメンコギターの音も大好きなので最初の一音から舞台に引き込まれました。

ラヴェル作曲のボレロはもともとバレエ曲ですがスペインのセビリアを舞台にした話のバレエ音楽として作曲されているのでフラメンコにアレンジしても違和感無かったです。

赤やオレンジ、黄色の鮮やかな衣装もすごく綺麗でうっとり。

最後の「メディア」はなんだかすごく怖い舞台でした。

メディアはヒロインの名前なのですが、メディアの夫が欲に目がくらんで妻子を捨てて金持ちの娘と結婚。

メディアは花嫁に猛毒を潜ませた服をプレゼントして殺害。

更に何故か彼女の二人の息子も殺してしまうというなんとも後味の悪いお話。

踊りも音楽も構成も素晴らしかったのですが、なにしろあまりにも気持ち悪い話と演出だったので途中で見るのが辛くなってしまいました。

最初のファルーカみたいな伝統的なフラメンコ公演、どこかでやってくれないかなぁ。

 

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:スペイン国立バレエ団フラメンコ香港公演
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ