中国戯曲節(チャイニーズオペラフェスティバル)

07

友人に誘われ、チムサーチョイにある香港文化中心で開催中の中国戯曲節を観に行ってきました。

チャイニーズオペラと言っても有名な北の京劇(北京オペラ)や南の粵劇(広東オペラ)等地域によって少しづつ名前や演じ方が違います。

今回観に行ったのは江蘇省の劇団が演じる崑劇(こんげき)。

演目は中国四大名著の1つに数えられる「紅楼夢(こうろうむ)」

名前は聞いた事は有るとはいえ、私は読んだ事が無いのでネットであらすじだけ予習して行く事に。

清の時代の勉強嫌いのおぼっちゃま貴族が大勢の美女に囲まれての色恋沙汰、というお話で、なんとなく源氏物語を髣髴とさせるな、と思いながら鑑賞。

始まってみると、京劇や粵劇に比べて控えめな演出でしたが衣装は色とりどりでとっても綺麗!

ヒロイン役の女優さんも顔が小さくて線が細く、見た目も声も美しくてうっとり。

心配だった言葉も中国語と英語の字幕が付いていたのでところどころ分からないながらも楽しむ事が出来ました。

ただ、この物語すごく長いんですよ。

しかも歌いながらだからなかなか話が進まない。

結局最後まで話が終わらずに幕を閉じてしまって続きが気になる私と友達。

観終わった後に友達が「まるで三時間半の長くて美しい広告を見ていたようだね。」という感想に大きく頷いてしまいました。

今度ちゃんと本を買って読んでみようと思います。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:中国戯曲節(チャイニーズオペラフェスティバル)
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ