香港人はマザコン?

 

香港在住の日本人の友人(男性)が先日、留学先で知り合った香港人の奥さんとめでたくゴールイン。

現在、職場まで徒歩十分の距離に住んでいる彼が、奥さんの強い希望により交通の不便な奥さんの実家近くに引っ越す予定だと不機嫌そうに語るのを大変そうだなー、と思いながら聞いていました。

日本人の感覚で見ると、香港人は男女関係無くマザコンが多いです。

もちろん、彼らにとっては普通の感覚なので日本みたいに「彼氏がマザコンだから別れた」とかそういう話はあまり聞かないのですが、香港人と日本人カップルに話を聞いていると大変そうだなー、と思う事が多々。

香港人の彼氏と同棲を始めた友人は、彼氏の両親が選んだ実家の目の前のマンションに住む事を指定され、しぶしぶそこに引越し。

家賃は彼女の方が多く負担しているのにも関わらず、彼女には決定権無し。

しかもそこから彼女への職場は渋滞するとバスで一時間、彼の職場へは渋滞しても三十分もかからない場所。

彼女の出勤は朝八時、彼の出勤は朝九時半なのに。

おまけに週に数回は彼女も連れて実家で食事をする、旧正月は休みの期間中寝る時以外はずっと実家にいる、デート中も一日何回も母親やら父親やら兄弟やらから電話が入る、そして母親の言う事にはなんだかんだ言っても従う。

 

そんな生活が数年間続き、我慢の限界に達した彼女から別れを切り出して破局してしまいました。

この二人の友人だけでなく、他の日本人・香港人カップルに話を聞くとたいていこんな感じなので、香港人はマザコン(ファミコン?)なんだなー、と思っていたのですが・・・。

先日、韓国映画の「嘆きのピエタ」を観に行ったところ、主人公の男性と母親が手を繋いで楽しそうに街中をデートしているシーンがあってかなりびっくり。

韓国人男性の友人にその話をすると、彼は不思議そうに「韓国では当たり前だよ。僕も母親と手を繋いで歩くし、デートもするよ。」と。

香港人男性はさすがに母親と手は繋がないなあ・・・。

もしかしたら香港人のマザコンぶりなんてまだまだ序の口なのかもしれません。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
クリックして応援してもらえると嬉しいです。
 
次の記事:
今の記事:香港人はマザコン?
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ