台北地下街

29

台北メインステーションの周りには台北地下街、台北站前地下街、中山地下街など

たくさんの個性的な地下街があります。

 

とても広いので、迷ってしまうことも多々ありますが

今日はその地下街の中でも、独特の雰囲気が漂う台北地下街を紹介します。

 

台北駅から台北地下街の入り口付近には東南アジアからの労働者をターゲットにしたお店が並び

日曜日はいろんな言語が飛び交います。

台湾には東南アジアから家政婦として働きに来ている人が多く

台北地下街は彼女たちの集まる場所として知られています。

 

入り口から離れるにつれ、オタクショップが多くなっていき、ここは日本?と錯覚してしまいそうです。

フィギュアのお店、ゲームショップ、日本の雑誌を扱うお店などが目立ちます。

ゲームショップの前には携帯ポータブルゲームで遊ぶ若者が座り込んでいて、まるで秋葉原のようです。

 

台湾には日本好きな人が多く、昔から哈日族(ハーリーズー)と呼ばれてきましたが

こちらは現代の哈日族が集まるスポットと言ってもいいでしょう。

 

台北地下街のオリジナルキャラクターのようなものもあって、日本の萌えキャラクターを意識している雰囲気です(笑)

 

オタクショップが集まる場所よりもさらに奥へ行くと

占い師さんのブースや台湾料理のお店もあり、とってもローカルでB級感溢れる雰囲気です。

 

暑い日や雨の日などは地下街をぶらぶらしてみてはいかがでしょうか。

 
 
ランキング参加中です。今日は何位かな?応援してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
 
次の記事:
今の記事:台北地下街
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ