『ビジネス戦略』の基礎

感情を揺さぶる文章は誰でも書ける。人を動かすライティングテンプレート。

 

こんにちは!のあです。

 

この記事では
『感情を揺さぶる文章のテンプレート』
をご紹介します。

 

・23歳という若さで
10億を稼ぐ起業家

・大学生で月1000万円以上
稼ぐ起業家

・無名から3か月で
月500万円稼いだ女子学生

 

など、世の中には『文章』を使って
多くのお金を稼いでいる人が
たくさんいますよね。

 

 

彼らはみんな「売れる文章術」
をいたるところで駆使しています。

 

「売れる文章」とはすなわち
「人を動かす文章」です。

 

ものすごく重要な考えなのですが、
人が動かされるタイミングは
「心が動かされたとき」なんです。

 

そして
この「心を動かす文章」には

”型”があります。

 

逆にこの型を知らないと
「感情を動かせない」
「人を動かせない」

 

だから
「売り上げも上がらない」
となってしまいます。

 

”型”通りに文章を当てはめて
「感情を揺さぶる文章」
を書いていきましょう!

 

この記事では
具体的な型をわかりやすく
シェアしていきますね。

 

わたしは盲目です。お金を恵んでください。

 

この動画は
ライティング界では
すごく有名なものです。

 

ほんの100秒ほどの動画、
21万以上の「いいね」が
付いています。

 

”The Power of Words”
言葉を変えただけで救われた
アメリカの盲目ホームレスのお話。

 

軽くあらすじを
お話ししますね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「私は盲目です。
お金を恵んでください。」
”I am blind. Please help.”

 

そう書いた段ボールを
隣において、一人の老人が
未知の端に座っていました。

 

しかし、忙しい街の人間たちは
老人に目を向けようともしない。

 

たまに、財布から小銭を
減らそうとするサラリーマンが
何枚かの小銭を老人の前に投げ捨てる。

 

彼はそれを手探りで探す。
その老人の手はひどく汚れていた。

 

「コツ、コツ、コツ」
そんな時、あるヒールを履いている
女性が現れた。

 

その女性は勝手に
老人のボードを書き換えました。

 

すると、どうでしょう。
それを境に、急に街行く人が
老人に小銭をくれるようになった。

 

しかも、軽く膝をおり、
差し出すようにコインを
くれるのです。

 

しばらくして女性が
再び現れます。

 

老人は聞きました。

 

「ボードになんて書いたんだい?」

 

「もともとと同じことを
書いただけだよ。
ただ、少し違う表現でね。”

 

彼女の書き換えた言葉は
『今日はいい天気ですね。
でも私にはそれが見えない』

”IT‘S A BEAUTIFUL DAY. 
AND I CAN’T SEE IT.”

 

以上
ーーーーーーーーーーーーーー

 

この動画は約3000万回再生され、
20万以上の高評価が付き、
多くのひとが動画をシェアしました。

 

タイトルは
”Power of Words”です。

 

 

ここでいう
『言葉の力』の正体は
何でしょうか?

 

この動画を言い換えたら、
”セールスレターを変えたら
成約率が上がったよ。”ですよね。

 

わたしたちはどうして
変えた後の言葉の方がよかったのか
分析できなければいけません。

 

 

段ボールの文章は以下のように変更され、
みるみる募金を集めていきました。

 

”目が見えません。
助けてください。”

”きょうはとてもいい日ですね。
でも僕にはそれが見えません”

 

前後の文章で
わたしが決定的に違思った点は3つ。

  1. 先に与えている
  2. 間接的な表現になっている
  3. 対比されている

説明していきます。

 

先に与えている

 

最初のメッセージ
”I’m Blind. Please Help”
(私は盲目です。助けてください)

 

相手から一方的に貰おうとする
メッセージですよね。言い換えれば、
「奪うメッセージ」です。

 

「助けてください」は
ビジネスに置き換えると

 

”買ってください”
”お金を払ってください”
と言っているようなもの。

 

みかたによっては
「目が見えない俺はかわいそうだろ?
かわいそうと思うなら金をくれ。」と
受け取れなくもない。

 

 

一方、書き換えのメッセージ:

”IT’S A BEAUTIFUL DAY.
AND I CAN’T SEE  IT”

(今日はいい天気ですね。
しかし、わたしはそれが見えない)

 

は、奪うメッセージではありません。
むしろ与えるメッセージなのです。

 

忙しい毎日を送っていたら、
今日という日がステキだなんて

 

いちいち実感しながら
町を歩きませんよね。

 

でも、ボードを見た瞬間に
自分の1日がステキだと気づく。

 

”今日ってこんなに
いい天気だったんだ”

 

 

ボードを通じた老人の
働きかけにより、

 

気づかせてもらったと
いうことができます。

 

街を歩く人々はいつもより少し、
小さなハッピーを
感じることができました。

 

”自分は幸せをもらったのだから、
わたしも老人を少しでも
幸せにしてあげたい”

 

老人の書き換えたボードにより
人々はそう感じさせることが
できたのです。

 

わたしたちの多くは、
人の不幸に鈍感です。

 

他人が亡くなった
という話を聞いても、

 

「かわいそうだね」となるくらいで
声をあげて泣く人は
なかなかいませんよね。

 

今回の老人の話も同じで、

 

よく知らない老人の
目が見えないという不幸は、
私たちにとっては遠い話。

 

でも、小さなハッピーをくれた老人とは、
少しだけ心の距離が近づく。

 

彼の不幸が他人事ではなくなり、
放っておけなくなります。

 

人は「奪われる」ことを嫌い。
「与えてもらう」ことは
大好きな生き物なんです。

 

絶対に覆らない
人間の心理です。

 

このストーリーは、
先に老人が「与える」ことをしたから、
そのお返しが来たんですね。

 

 

世の中のビジネスも
同じ事が行われています。

 

たとえば有名なネットフリックス
というサービス。

 

これも登録前に
「無料お試し期間」があります。

 

お金を払ってもらう前に
まずはネットフリックス側から
与えることで

 

「無料ならやってみようかな」
「お、いいサービス。課金しよ」
となるわけです。

 

 

このように街のいたるところで
「先に自分が与える」ビジネスが
あります。

 

飲食店に入ったときも
ぜひそんな”仕掛け”がないかどうか
みてみてください。

 

きっと新しい発見があって
面白いと思いますよ(*^^*)

 

逆に自分は”仕掛け”に気づき、
身を守ることにもつながります。

 

一つ目の感情を揺さぶるテンプレ1は
「まずは自分が与える」

 

間接的な表現になっている

 

前者の表現を確認すると
「僕は盲目的です。助けてください」
と表現が直接的ですよね。

 

先ほども言ったように、
「助けてください」は
「お金を払ってください」
といわれているようなもの。

 

対して後者は、「いい天気ですね。
しかし僕は何も見えません。」と
直接的には何もお願いしていないです。

 

”今日はいい天気だね。
僕は何も見えないけど”

 

独り言ともいえるくらい、
間接的にお金を恵んでほしいと
伝えています。

 

実は、この間接表現が
ものすごい効果を
発揮しているんです。

 

 

人は直接的にお願いされても
素直に受け取れないんですよね。

 

たとえば、わたしは、
ビジネスで成功したいなら、

 

知識をつけまくるべきだと
思っています。

 

本当に正しい知識さえあれば
年齢問わず誰でもできます。

 

どんどん情報に投資しないと
結果は出ません。

 

そのためわたしは
ビジネスを学ぶために、
300万弱投資しました。

 

しかし、これを伝えるときに
「勉強しろ!知識に投資しろ!」
と直接的には言いません。

 

「勉強したら稼げるようになったよ」
「知識に投資したら、
稼げるようになったよ」

 

そう伝えます。

 

これは間接的に
「だからあなたも勉強しようね」
と伝えていると分かると思います。

 

 

もう1つ例を出すとすれば、
子どもに「勉強しなさい」と
伝えるとき、

 

「勉強しなさい」といって
素直に「勉強するぞー!」と
なる子どもは少ないですよね。

 

しかし、親が
「勉強したら、話が面白いって
友達がたくさんできたよ」

とか

「勉強したら、海外の人と
話せるようになってすごく楽しいよ」

 

とか、勉強のメリットを
間接的に伝えると

 

子どもは
”そうなんだ!勉強したいな!”
となりますよね。

 

 

割と当たり前のこと
なのですが、

 

これが、ブログやTwitterの
発信になると、みんなこのことを
忘れてしまいます。

 

「〇〇しましょう」
「〇〇しなきゃですよ!」とか。

 

パッと見ただけだと
すごく上から言われている
気がしませんか?

 

「なんであなたに
命令されないといけないんだ」
と聞いている人は思うはずです。

 

 

 

 

ホームレスの話も
同じですね。

 

最初は「助けてください」と
言ってしまっていた。

 

「だれやねん!」と思われては、
感情を揺さぶれません。

 

相手に行動してほしことは
間接的に伝える。

 

”間接的表現”が
感情を揺さぶるテンプレ2です。

 

対比されている

 

最後に、これが最重要といってもいいほど
大切な『対比』の話です。

 

”It’s a beautiful day.
And I can’t see it”

今日はとてもいい日ですね。
でも僕にはそれが見えません。

 

”いい日”という天国と
”見えない”という天国の対比。

 

コピーライティングは
この対比が超超超効果的なんです。

 

 

たとえば、わたしが
「作業を仕組み化する必要性」
対比表現を用いて

 

読者のあなたに伝えるなら、
こんな風に書きます↓

 

わかりやすく明るい未来を”赤”、
最悪の未来は”青”で装飾します。

 

わたしの例↓
ーーーーーーーーーーーーーーー

作業の『仕組み化』とは、

 

自分が何もしなくても
お金が生み出される
ビジネスモデルのことです

 

作業を『仕組み化』することで、
自分が作業をしていなくても稼げる
夢の状態を手に入れられるんです。

 

たとえば、ツールに任せ、
Twitter集客をすれば、

 

自分が寝ている間にも
旅行に行っている間でも
ゆくっり温泉旅行に行っている間でも、

 

どんどんお金を
稼ぐことが
できます。

 

24時間365日
お金が入ってくる仕組み化なので、

 

お金の心配を
する必要はなくなり、

 

毎日のんびり自分の
好きなことだけして生活できる

 

そんな夢のような生活が
手に入ります。

 

しかし、もしこの
『仕組み』をしていなかった場合、

 

あなたは毎日眠い目をこすり
朝早く起き、

 

満員電車に乗って
動きにくいスーツで出勤。

 

さらに残業に追われ
趣味に時間をかけることなく
帰宅後はすぐに寝る…。

 

生きているだでもつらく、
苦しい日々が待っています。

 

現に、私の母は
以前このような状況でした。

 

43歳にして転職。
朝5時に起きてなれない職場で
必死に働く。

 

帰ってくるのは22時。

母は洋服が好きなのですが、
おしゃれをして出かける時間もなく
毎日毎日黒いスーツ。

 

人生に楽しみを
見いだせなくなり

 

日に日に生きるのに精いっぱいの
生活になっているようでした。

 

母が悲しいと私も悲しいし、
母が苦しいと私も苦しいです。

 

時間とお金に余裕がないと
自分もとても苦しいことだし、
周りも悲しめてしまいます。

 

時間とお金の自由を作る
『仕組み化』が

 

どれだけ自分も周りも
幸せにするビジネスモデルか
お分かりいただけたかと思います。

 

以上
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

勢いでつらつら
書いてみましたがどうでしょう。

 

前半では『仕組み化』をする
メリット(天国)を赤。

 

後半では『仕組み化』をする
デメリット(地獄)を青で書きました。

 

 

対比があるからこそ、
天国・地獄の差が鮮明にわかり、

 

ひとの感情を
動かすことができるんですよね。

 

 

 

『The Power of Words』で
確認していきます。

 

前者は
I’m blind.Please help.
目が見えません。助けてください。

 

対比がありません。

 

対して後者は

It’s a beautiful day. and I can’t see it.
今日はとてもいい日ですね。でも僕にはそれが見えません。

 

と対比されています。

 

イメージとしては前者は
下のような画像↓

 

後者は下のような画像です。↓

 

どうでしょうか。
ふたつの対比があることで、

天気がいいことを知れる喜びが
倍増するのと同時に、

目の見えない老人の悲しさを
強く感じませんか?

 

 

この対比効果により、
通りかかる人の多くが

この人を助けたいと
感情を動かされるようになりました。

 

 

『対比をすること』
これが感情を揺さぶるテンプレ2です。

 

ホームレスの例を見ると
決定的に違うなあと改めて思いました。

 

まとめ:感情を揺さぶるテンプレート3つ

 

今回の記事は文章力をあげる上で
とても大切な知識になります。

 

まとめると、

  1. 先に与える
    (「今日はいい天気ですよ」と相手にハッピーを与える)
  2. 間接的な表現
    (「今日はいい天気ですね。でも僕にはそれが見えません」と間接的に助けを求める)
  3. 対比
    (いい天気、見えないという対比で「明暗」を印象付ける)

 

これが感情を揺さぶる文章の型。

 

人は感情で決定して論理で納得。

 

感情を動かした後は、
論理で説得できれば購買されます。

 

売れる文章使いになると
自動でどんどん物がうれ

 

時間的にも
金銭的にも自由になれます。

 

人の感情を動かせる文章を書けると
良いことだらけです。(*^^*)

 

のあのメルマガ

 

『知識はたくさんある。
でも何からやればいいかわからない。
どんなビジネスをすればいいかわからない』

そんな
元ノウハウコレクタ―だった私が、

年収10億円の23歳、
年収3億円の27歳、
月収1000万円の起業家に出会い

価値観が崩壊した
ビジネスモデルとは?

 

ライティング、
影響力、センス

 

そんなの一切関係ない
『仕組み化』って何なのか?

 

わたしが300万円かけて学んだ
時間・お金・場所すべての自由が手に入る
『仕組み化』の作り方について

ブログやTwitterよりも
深いところまで徹底解説しています。

 

ぜひ興味のある方は
登録してみてください♪

 

のあ【公式】メールマガジンを受け取る

 

わたしはブログよりも
1人1人にしっかり
届けることが好きなので

 

メルマガでしか話さない内容も
たくさんあります。

 

ぜひ成長の糧にしていただけたらと
思います。

 

目の前に流れてきたチャンスを
掴めるかは人生の命運を分けますよ。

 

わたしがそうだったので(*^^*)
ぜひ行動してほしいなと思います。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

のあ